アルコールや香辛料、薬でも赤ら顔の原因に

顔の赤み赤ら顔の原因のひとつ


アルコールや香辛料・薬でも赤ら顔になってしまう原因とは?

アルコールや刺激物1

アルコールや刺激物2


アルコール・刺激物の摂り過ぎも顔の赤み赤ら顔の原因に!


アルコールや唐辛子・スパイス・香辛料などの刺激物も、赤ら顔の原因の毛細血管を拡張させる働きがあります。


アルコールや香辛料は摂取すると、「顔がカッと真っ赤になる」「体がぽかぽかする」と感じるものは毛細血管を広げる作用もあり、過剰に摂り過ぎると顔の赤み赤ら顔の原因の毛細血管拡張症になってしまいます。



でも、アルコールや唐辛子・香辛料などの刺激物は大好き!

そんなかたには・・・

顔の赤み赤ら顔の原因になる毛細血管拡張症をケアする必要があります。


毛細血管拡張症からの顔の赤みにはまず「皮膚を薄くしない」ということです。


肌は、さまざまな刺激によりダメージを受け続けて、薄くなっていきます。


肌に刺激を与えないよう毎日のスキンケアで気を付けたいことは?


・肌をこすらないこと


物理的に肌をこすってしまうだけで、肌の表面がはがれて、皮膚は薄くなってしまいます。

特に、クレンジング・洗顔時は注意です!



メイク落とし・クレンジング・洗顔のコツとは?

アルコールや香辛料3

クレンジング剤や洗顔料が肌に付いている状態でこすってしまうと、メイクや汚れだけでなく、肌の表面の角質までこすり落としてしまうことがあるんです。


クレンジング剤は「これって多いかな?」と思うくらいたっぷり使って、肌への摩擦は最小限にしましょう。

洗顔料ならよく泡立てて、泡で転がすように洗う感じです。


また・・・できるだけメイクの回数を減らしましょう。

クレンジングの頻度を少なくすることで、皮膚を薄くしないために大切なことなんです。

洗顔料も「スクラブ入り」や「ピーリング」のものは絶対ダメです!


スクラブ入りやピーリングは本来、肌表面の不要な角質をはがすためには効果的です。

でも、肌が薄い毛細血管拡張症の人にとっては逆効果、もってのほかです。



化粧水のパッティングも肌をこすっています


洗顔後にスキンケア化粧品を使うときも、「丁寧にやさしく」を心掛けましょう。


パッティング(コットンや手で叩き込むように化粧水を塗ること)はせず、こすらずそっと手で押さえ込む程度でOK!

意外に多いのが、顔を無意識に触っていたり、かいてしまう癖がある人

些細なことですが肌の刺激になるので、意識してやめましょう。

かいた部分が赤くなっていますよ(゚∀゚)


アルコールや香辛料、薬でも顔の赤みが出る赤ら顔の方!

夏以外でも紫外線対策はキッチリと!


紫外線を浴びると肌はダメージを受けて、厚みのある健康な肌を生成できなくなってしまうのです。

一年間を通して、紫外線対策はキッチリと。


・外出時は、冬や曇りの日でも日焼け止めを塗る

・日差しが強い日には、日傘や帽子を併用


出来る限り、紫外線から肌を守りましょう。

常にうるおいをたっぷり補給しておくこと。

外部刺激に強い肌を作るために欠かせないのが「うるおい」なんです!


顔の赤み赤ら顔の原因、毛細血管拡張症のケアにも効果的!

敏感肌でも安心の和漢の化粧水「白漢しろ彩化粧水」

今お使いの化粧水を白漢しろ彩化粧水に変えるだけで、顔の赤み赤ら顔のケアができるんです。

アルコールや香辛料、薬でも赤くなる敏感肌の赤ら顔ケアに。

皮膚の薄い敏感肌毛細血管拡張症の方にも安心な化粧水でしっとりもちもちな肌へ♪



顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者