自律神経の乱れが赤ら顔を招く


〜自律神経の乱れが赤ら顔を招く〜


自律神経の乱れが赤ら顔を招く


子どもの赤いほっぺは可愛いものですが、

大人の女性は「ほっぺが赤いね」と言われると、

なんだか恥ずかしい気がします。

赤ら顔の原因は様々ですが、

自律神経の乱れが大きく関係しているようです。

日常の生活を見直すことで自律神経を整え、

赤ら顔を治すことができます。




顔の赤み、赤ら顔(酒さ)の原因は自律神経




赤ら顔(酒さ)の原因は?


赤ら顔は、まるでお酒に酔ったように赤く見えることから「酒さ」とも言われます。

赤ら顔の原因は、以下のようなことが考えられます。


@本来の皮膚の薄さ

遺伝的に皮膚が薄い人は、寒暖の差などで血管が広がると、

毛細血管が透けて見えます。


A顔の洗いすぎ

洗浄力の強い洗顔料を使っての顔の洗い過ぎや、

ピーリングのし過ぎで肌表面の角質が薄くなると、赤ら顔になることがあります。


B保湿不足

洗顔後に十分な保湿ケアがおこなわれていないと、

肌は乾燥がちになり、かゆみが生じることがあります。

無意識に掻いているうちに、皮膚の赤みが取れなくなってしまいます。


C化粧道具の不衛生

汚れたままのパフやハケ、ブラシなどを使用していると、

雑菌が繁殖して赤ら顔になることもあります。


D睡眠不足やストレス

睡眠不足や何らかのストレスが続くと自律神経が乱れ、

慢性的なほてりが続くことがあります。また、

血管が拡張したままの状態で顔の赤みが取れないこともあります。


Eアルコールや香辛料

アルコールや香辛料の摂りすぎでも

血管が開き、赤ら顔になります。




自律神経の乱れと赤ら顔の関係




自律神経の乱れと赤ら顔の関係


自律神経とは、自分の意思に関係なく働く神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、

何かとストレスが多い現代人は交感神経が優位な状態にあり、

リラックス効果のある副交感神経が十分に働いていない傾向にあります。

特に、寒い季節は暖房が効いた屋内と屋外の温度差が激しく、

自律神経が乱れがちです。

自律神経が乱れると血管が開いたままになり、

血管が透けて見えることがありますが、この状態が赤ら顔です。

赤ら顔になりやすい人は、肌が薄くて毛細血管が目立つタイプの肌の上、

ストレス過多で自律神経がうまくコントロールできていない人が多いようです。


・自律神経が乱れる原因


女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、

自律神経のバランスが乱れ、冷えのぼせの状態になります。

また、睡眠不足も自律神経の乱れにつながります。

人は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、

血管の拡張や収縮もスムーズに調節されるので、

湯たんぽなどを利用して頭寒足熱を心がけましょう。

その他にも日常生活の中では、

興奮やイライラなどで感情が高ぶることがありますが、

緊張すると、自律神経のバランスが乱れて赤ら顔の原因となってしまいます。


自律神経を整えて赤ら顔を解消する方法




・ストレスをためないで!

ストレスなどで自律神経が乱れると、

血管が拡張されて肌が赤く見えることがあります。

自律神経がきちんと機能するための理想的な体温は、36,5℃ と言われています。

女性は男性に比べて筋肉も少ないので適度な運動をして筋肉をつけることも必要です。



自律神経の乱れが赤ら顔を招く・まとめ



自律神経の乱れが赤ら顔を招く・まとめ


赤ら顔を治すには一見遠回りのようですが、

睡眠をしっかりとり、

運動をして筋肉をつけて冷え性を改善し、

ストレスをためないようにすることです。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者