女性ホルモンの減少が影響することも


〜女性ホルモンの減少が影響することも〜


女性ホルモンの減少が影響することも


赤ら顔の原因は、女性ホルモンが影響することも多々あります。

赤ら顔に悩まされる時期は、ちょうど更年期に入る頃ですが、

女性ホルモンの減少とともに新陳代謝が衰え、

それまで何の肌トラブルもなかった人も、

様々な肌トラブルが起きます。そのひとつが赤ら顔です。




女性ホルモンの乱れと赤ら顔の関係




女性ホルモンの乱れと赤ら顔の関係


更年期に差しかかる頃になると、

女性ホルモンは乱れがちになり、

赤ら顔になることもありますが、

閉経後にはほとんどの人が元に戻るので、

心配のしすぎは禁物です。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌は、

更年期を迎える40代後半頃から徐々に減少し

それに伴って肌も元気がなくなり、

かゆみや乾燥など様々なトラブルにおそわれますが、

赤ら顔もそのひとつです。

女性ホルモンのバランスは自律神経とも関係しており、

自律神経の乱れから顔がほてることで赤ら顔になることもあります。




赤ら顔と菲薄化について




赤ら顔と菲薄化について<


菲薄化とは、肌が加齢や長年の間違ったスキンケア方法で、

ダメージを受けて薄くなってしまうことです。

寒い季節に鼻や頬が赤くなることがありますが、

菲薄化すると季節に関係なく赤くなってしまいます。

菲薄化の原因は加齢と言われていますが、

洗浄力の強すぎる洗顔料を使っての洗いすぎやピーリングのしすぎ、

保湿不足などでも起こります。




化粧品を見直すことも大事




化粧品を見直すことも大事


年齢を重ねると、若い頃はオイリー肌と思っていたのが、

乾燥肌になっていることもあります。

赤ら顔には、炎症を抑えるビタミンC誘導体などの成分が入った化粧水や乳液、

美容液などの基礎化粧品が有効と言われています。

抗酸化作用のあるビタミンC誘導体は、

ビタミンCを肌に浸透させやすく加工した成分で、

効率よく肌に浸透します。

また、普段使っている洗顔料が刺激が強すぎる場合もあるので、

洗顔料を見直すことも大事です。

赤ちゃんでも使える、

昔ながらの牛乳石鹸などが肌に優しい石鹸です。




・漢方薬の利用について




漢方薬の利用について


寒暖の差に弱い人は血管が広がりやすくなる傾向がありますが、

血流を改善する漢方薬の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、

「温経湯(うんけいとう)」、

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」

などを用いてみるのもひとつの方法です。

その場合は、漢方外来や信頼できる漢方薬局で相談してから用いるようにしましょう。




まとめ


赤ら顔は、更年期を過ぎるとホルモンの影響もあり、

ほとんどの人が治まるので、あまり神経質にならないようにしましょう。

できるだけ刺激の少ない化粧品を用いてスキンケアをし、

メイクもナチュラルにして、顔に負担をかけないようにしましょう。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者