肌の薄く毛細血管で赤く見える赤ら顔の原因

赤ら顔の原因「肌」が薄いために毛細血管が見えてしまうってどうして?

肌が薄いから赤ら顔の原因に?


肌が薄くなる原因2


肌の皮膚が薄いために毛細血管が透けて見える赤ら顔の原因とは?


私たちの皮膚の二層目にあたる「真皮」には毛細血管が密集しています。

通常なら毛細血管は皮膚の表面からは見えないはずですが・・・

皮膚最上部の表皮が薄い場合には透けて見えるので、その毛細血管が赤く見えてしまいます。

中でも特に鼻や頬の皮膚は薄いので、赤くなり赤み「赤ら顔」と言われてしまうようです。


・そもそも顔の肌の皮膚が薄い


私達の毛細血管は皮膚の階層の「真皮(しんぴ)」に密集していて、本来はその上にある「表皮(ひょうひ)」にカバーされています。

ところが、表皮が薄いと肌を守る力が弱くなり、気温や摩擦などの外部刺激を受けやすくなってしまいます。

そうすると・・・刺激を受けやくすくなった毛細血管は本来の毛細血管の収縮コントロールがうまくいかなくなり、毛細血管拡張症となることがあるようです。


さらに表皮が薄いことで、その分真皮に存在する毛細血管が透けて見えてしまうので、外から赤く見えやすい赤ら顔になってしまうようです。


肌に赤みが出やすい人には、多かれ少なかれ皮膚が薄い傾向にあるようです。



これ以上は皮膚を薄くしない!

このような方には工夫が必要になってきます。



顔の赤みや赤ら顔の原因・・・毛細血管拡張症


どうして肌はなぜ薄くなるのでしょうか?


洗顔などで自分では直接肌を強くこすっていないと思っていても、ピーリング剤など、肌に刺激の強い成分が入っている化粧品の影響で薄くなることもあるようです。



皮膚が薄くなりやすい顔の部位というのは、頬や鼻です。

頬や鼻は顔の中で出もっ張っている部分ですので、摩擦や紫外線による刺激を受けやすいためと言われています。


また、皮膚(=角質層)が薄くなることで、いままで保持していた水分が失われやすくなり乾燥肌になります。

肌には乾燥も刺激の原因となるので、やはり肌に炎症を引き起こし、頬の赤み赤ら顔の原因とってしまいます。


肌が薄くなることでどうして炎症が起こり顔が赤くなるの?

肌が薄くなると、毛細血管拡張症でなくても毛細血管が浮き出て見えるうえに、肌の免疫力が落ちてしまいニキビや肌あれなどの炎症が起こりやすくなり、頬や鼻などは赤くみえるようになってしまいます。

皮膚が薄くなるということは、皮膚の最も外側で外敵の侵入を防いだり刺激を和らげたりする役割を担う角質層がダメージを受けているということなのです。

その外敵から守る角質層が削れてしまうと、外部からの刺激が表皮や真皮へとよりダイレクトに伝わってしまうことになります。


外敵からの刺激を受けやすくなった皮膚では、「炎症増悪たんぱく質」というものが表皮細胞で多く作られるようになってしまいます。


そして、皮膚の炎症を引き起こすサイトカイン(生理活性物質)が、このたんぱく質を“敵”とみなし、表皮内で増加してしまうわけです。


こうして、肌に炎症が起こってしまい、顔の赤み赤ら顔の原因になってしまうことになるんですね。

また、皮膚には常在菌がありますが、その常在菌が肌の内部に侵入しやすくなることもサイトカインを活発にする原因となり、やはり炎症が起こりやすくしてしまうことになります。



炎症による顔の赤み赤ら顔の改善方法とは?

炎症と聞くと、炎症こそが顔の赤みや赤ら顔などの肌荒れなどのトラブルの元凶のようにも思えますが、炎症自体は外敵から身体を守る免疫反応の一つで、実はなくてはならないものなんです。

ですので、無駄な炎症を起こさせないために、そして頬の赤みやその他の肌トラブルを起こさないためには、皮膚が薄い状態を改善することが最善の道といえそうです。




顔の赤み赤ら顔の原因とされる薄い皮膚を健康な状態に戻すためには?


肌が薄くなる原因3


・角質層が健康になること!


角質層が健康になることで表皮の水分保持量が増え、それにより外敵や刺激から体を守るバリア機能がしっかり働くようになります。

そうすることで、表皮や真皮、神経に伝わる刺激の強さが和らいでいきます。

外気などの暑さや冷たさもゆっくりと伝わるようになるので、過敏な反応は起こりにくくなくなります。

また、毛細血管が常に拡張している状態や過剰な増殖もなくなっくるので、健康な角質層こそが顔の赤み赤ら顔の改善にとても重要なんですね。



毛細血管拡張症による顔の赤みや赤ら顔を少しでもやわらげたい!!


●角質層を育てる方法とは?


顔の赤み赤ら顔改善のため、角質細胞を健康に育てるには、以下の点に注意した生活を心がけましょう。


・低刺激などの刺激の少ない、保湿力のある石鹸や化粧水やスキンケア製品(クリーム)を使う

・炎症がひどい時には化粧を控えめにし、無理にこすらず落とす際はクレンジングオイルを使わないこと

・洗顔をする時には、手やスポンジなどで肌をこすらないようにする

・真夏だけではなく紫外線対策をする

・服装などでこまめな体温の調節をする(温熱、寒冷対策)

・血管を保護するビタミンCを多く摂るように心がける


上記の他にも、食事内容や睡眠不足にも気を付けることです。

炎症だけならわりとすぐに治まりますが、顔に赤みのできない肌をキープするためには、日頃から肌によい生活を心がけながら、適切なスキンケアを地道に続けていくことが大切になってきます。



私達の体は時間をかければ健康な角質層が育ち、水分がありふっくらとしたトラブルの少ない健康な肌に戻すことが可能なんです。


このように、敏感肌でも安心して赤ら顔対策改善ができる顔の赤み赤ら顔専用の白漢しろ彩化粧水でみずみずしい健康な肌を育てましょう♪


白漢しろ彩化粧水で毛細血管拡張症による赤ら顔も安心してスキンケアしましょう♪


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

毛細血管拡張症による赤ら顔とは?

毛細血管が拡張することによって起こる顔の赤み赤ら顔

なぜ毛細血管拡張症が起こるのでしょうか?


血液の滞りと皮膚の薄さが原因といわれるています。

・気温や体質などにより毛細血管が拡張・増幅 

・極度の緊張から赤面状態

・アルコールや香辛料、薬などの過剰摂取

などが毛細血管拡張症による顔の赤み赤ら顔の原因のようです。


その毛細血管拡張症の治し方や軽減の仕方とは?


・室内外の温度差を最小限に抑えましょう

・血行を促進し、皮膚が薄くならないように工夫する。


簡単にできることとして・・・

夏はエアコンを最小限に、冬はマスクとマフラーで顔をガードする

寒暖の差が激しい屋内外を出入りが血管拡張症を悪化させる原因となってしまいます。

血管が収縮と拡張を繰り返すうちに、拡張したまま戻らなくなってしまうようです。


夏は扇風機を上手に利用し、エアコンの使用は最小限に!

冬の外出時にはマスク・マフラー・時には帽子を使って、顔のカバーをしましょう。



ビタミンEを摂るようにする

毛細血管拡張1


ビタミンEは血行促進効果やターンオーバー促進効果があり、血液が滞りやすい毛細血管拡張症の肌を巡りの良い状態に整えてくれる役目があります。

化粧品の全成分では、ビタミンEとではなく「トコフェロール」と記載されていることも多いので、化粧品を購入する際に成分をチェックしてみても。

また、ビタミンEは食べ物だとアーモンドやアボカドに豊富に含まれていて、時間がない人はサプリメントとして摂るのも赤ら顔改善にはおすすめです。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者