顔の赤みや肌荒れは菲薄化が原因の場合も?


顔の赤み「赤ら顔」の原因や対策も様々・・・



「菲薄化」が原因

菲薄化とは、簡単に言えば皮膚が薄くなること。


「菲薄化」が原因


「菲薄化」聞きなれない言葉ですが、

赤ら顔、赤みや肌荒れの原因に菲薄化と言うものがあるんです。



顔の赤みや肌荒れは菲薄化が原因ともいわれていますが・・・

その菲薄化のそもそもな原因というのが「加齢」なんです。


肌が薄くなる原因はこちらからもどうぞ


肌に積み重なっている、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量は、

残念ながら年齢と共に減少してしまいます。

コラーゲンというのは肌の弾力を保っているタンパク質のひとつです。

エラスチンはコラーゲン同士を結びつける働きを持つ繊維状のタンパク質のことです。

これら大事な肌弾力の元が加齢とともに少なくなると

他の肌を構成する細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなってしまいます。


また肌細胞のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルも、

加齢と共に緩慢になってしまいます。

若い時の肌が薄くなる原因は角質層がダメージを受けて

薄くなっていることが多いので真皮層には影響はありません。

しかし中高年になってから肌が薄くなる人は、

真皮層と角質層の両方が薄くなっていることが原因のことが多いのです。

加齢と共に起こりやすいといわれている菲薄化ですが、

加齢だけが原因になるわけではないようです。




若い人でもありうる菲薄化




若い人でもありうる菲薄化


菲薄化が原因の赤ら顔や赤みは、

あくまでも歳を重ねることで起こりやすいというだけで、

若い人でも起こり得る症状のようです。

肌表面の汚れを落としたいあまりにピーリングや洗顔のしすぎ、

ゴシゴシ洗いなどの間違ったスキンケアは

菲薄化を引き起こす要因となってしまいます。

また、様々な肌荒れなど肌トラブルの

原因の乾燥もまた菲薄化を招くと言われています。




肌荒れの原因、菲薄化は加齢による女性ホルモンの減少から




顔の赤み肌荒れ2


赤みや赤ら顔の原因といわれている「菲薄化」原因は

女性ホルモンの減少(加齢)にあるのです。

女性ホルモンのひとつ、

エストロゲンはコラーゲンやエラスチンの生成を促進するはたらきがありますが、

これも加齢によってエストロゲンの分泌量が減少するため、

コラーゲンやエラスチンの生成が間に合わなくなってしまうというわけです。

50代以降中高年になると、脂肪層も薄くなってしまいいっそう肌の菲薄化が進んでしまいます。



皮膚の菲薄化は赤ら顔や赤みだけではない!



皮膚の菲薄化は赤ら顔や赤みだけではない!


皮膚の菲薄化で起こる老化症状には赤ら顔や赤みのほかに

「たるみ」や「シワ」があげられます。

その原因としては、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの量が減少するために

肌の弾力が失われてしまうためといわれています。

コラーゲンが減少することで、新しい表皮細胞もうまく作られなくなり、

細胞数の減少によってさらに皮膚が薄くなってしまいます。

また、菲薄化がすすむと、肌の抵抗力が弱まって炎症が起きやすくなり、

赤みやかゆみなどの肌トラブルが増加してしまいます。

また、表皮の細胞が少なくなってしまうことで、

保持できる水分量が減り、皮膚の乾燥も起こってしまいます。




顔の赤みや肌荒れの原因・・・皮膚の菲薄化対策とは?




顔の赤みや肌荒れの原因・・・皮膚の菲薄化対策とは?

菲薄化は残念ながら加齢にともなうものですので、完全に止めることは難しいようです。

でも、保湿や十分なケアによってある程度は菲薄化を抑えることができ、

様々な肌荒れなどの肌トラブルを予防することは可能になってきます。


菲薄化対策には、まず原因のひとつである、

女性ホルモンの低下を抑えることが効果的なようです。

体内のホルモンバランスを整えるには、

栄養バランスのよい食生活や規則正しい生活、

ストレスを溜めないことなどに気をつけることも肌環境にはとてもよいことです。




肌荒れは過度の飲酒や喫煙も影響!




肌荒れは過度の飲酒や喫煙も影響!


また、スキンケアでは女性ホルモンのはたらきがある化粧品や、

油分を補うことを目的とした化粧品でケアをすることも肌荒れ対策には効果的なようです。

肌表面だからと、ピーリングや洗顔をやりすぎたりして

肌を傷めるとますます皮膚が薄くなって、赤ら顔や赤み肌荒れを引き起こしてしまうので、

丁寧なスキンケアを心がけましょう。


しっかりとした菲薄化対策で肌荒れ赤ら顔を予防!



顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者