顔の赤みの原因ニキビ対策とは?


赤ら顔の原因に赤く腫れたニキビや炎症があります。


炎症は血管を拡張させるためにおきるので、

通常であればニキビが治れば炎症も治まるようですので、

一緒に赤みも消えることが多いようです。

しかし・・・ニキビがキレイに治らないうちにさらに新しいニキビができてしまうことで、

ニキビの炎症が繰り返し起こり、皮膚の炎症も治まらないという悪い状態が続いてしまいます。

そのような悪い状態が続いてしまうと・・・真皮や皮下組織に色素沈着し、結果顔の赤み「赤ら顔」になってしまうのです。

また、肌質にもよりますがニキビが治っても長期的に顔の赤みが続くこともあるようです。




ニキビによる赤ら顔が少しでも軽減できるようにセルフケアの方法を紹介します。


「赤く腫れたニキビによる赤ら顔」


顔の赤みニキビ1


ニキビのセルフケア方法とは?


ニキビによる赤ら顔は、どんなセルフケアがいいのでしょう?

ニキビ改善方法としてよくみみにするのは・・・


・新しい化粧品を使ってみる

・エステサロンに行ってみる

・薬や健康食品に頼ってみる

・美容機器を試してみる


このような対処をよく耳にしますが・・・

これらのすべては、ニキビによる赤ら顔の原因や予防としてはあまり効果がないようです。



すぐにできるセルフケアとは?


顔の赤みニキビ2


自己流で続けてきた洗顔方法や、洗顔フォームを見直す。


良かれと思っていた自己流のケアが赤ら顔の原因になっていないかどうかを見直すことが先決になります。

洗顔フォームに、ピーリング石鹸やスクラブ洗顔料などを使った経験のある場合だと・・・

これらの刺激が赤ら顔の原因となっている可能性があります。

若い頃のニキビは皮脂が原因の場合が多く、過剰なゴシゴシ洗顔をしてしまった方も多いでしょう。

しまし、自分が行ってきたスキンケアを思い出してみましょう。

そうすると、ニキビ予防のはずが悪化させているかもしれない原因がわかると思います。


これからは正しい方法でのケアを実践していきましょう。


・朝は水だけの洗顔法を試してみる


なぜなら・・・寝ている間にお肌再生=寝起きの肌はは自らの天然美容成分たっぷりの状態

せっかく寝ている間に成長ホルモンが分泌して肌が生まれ変わりターンオーバーが行われています。

それを朝洗顔料を使ってしまうと、その寝ている間の「肌の頑張り・成長」をムダにしていまうのです。

前日の夜洗顔でメイクなどを落とし、化粧水や乳液、クリームや美容液で保湿等を行っている状態で睡眠に入ります。

眠っている間に保湿成分(セラミドなど)や化粧品の成分によって作られた「保護膜」直接肌の”うるおい”に反映されていきますよ。




顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者