軽い顔の赤み赤ら顔のケア方法

顔の赤みの赤ら顔ですが、赤ら顔にも軽い軽症から中等度〜重症の場合までケアには様々な違いがあるようです。



まずは、軽い顔の赤み赤ら顔のケア方法から紹介していきましょう。


顔の赤み・・・「赤ら顔」軽症の場合

赤ら顔が軽症の場合なら、日々の食生活やスキンケアの方法を見直してみたり、女性であれば顔の赤み赤ら顔専用の化粧水などの化粧品に変えたりすることでも気になる顔の赤み赤ら顔のケアができます。


軽い顔の赤み赤ら顔の原因一つ


・アルコールや香辛料、薬などの過剰摂取からも赤ら顔の解決策として

食生活の改善で気になる顔の赤み赤ら顔のケアをしましょう。


軽い赤ら顔ケア1


アルコール、たばこ、カフェインなどの嗜好品や香辛料などの刺激物は、顔の赤み、赤ら顔の原因になると言われています。

このような刺激物を普段から多く摂っているようであれば、控えるようにしましょう。



・軽い赤ら顔ならスキンケアの見直しを


軽い赤ら顔ケア2


まずは洗顔の仕方から・・・毎日の洗顔のし過ぎやゴシゴシ洗いは私達が思っている以上に肌に刺激と負担を与え乾燥をもたらしてしまうので、洗顔のし過ぎはかえって赤ら顔の原因になってしまうのです。

毎回の洗顔でゴシゴシ洗いをしなくても、皮脂汚れは朝晩の洗顔できれいに落ちています。

肌に少々残っていても、睡眠中の数時間の間に新陳代謝が進むことで古い角質と一緒に垢となってメイク残りも排泄されますので、毎回毎回必要以上に洗わないようにしましょう。

また、洗う際には直接手と肌の摩擦を避けるよう、たっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。

洗顔料(せっけん)やメイク落としなどは、なるべく刺激の少ないものにするのも有効な手段です。

そして、洗顔後のケアとして今まで使っている化粧水を顔の赤み赤ら顔専用の白漢しろ彩化粧水に変えてみるのもいいと思います。


軽い赤ら顔3


化粧水のみを赤ら顔専用の白漢しろ彩化粧水にするだけで、乳液、美容液やクリームはいままでお使いのものをそのままでOKです。

顔の赤み赤ら顔専用の「白漢しろ彩化粧水」なら皮膚の炎症による赤ら顔をおさえるといわれている、ビタミンC誘導体の効果も期待できます。

顔の赤み赤ら顔専用の「白漢しろ彩化粧水」にも配合されているビタミンC誘導体とは・・・ビタミンCを肌に浸透させやすく加工した成分です。

ビタミンCには抗酸化作用がありますが、皮膚から直接浸透させるためにはこの誘導体が有効とされています。

化粧品の成分表記では「リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)」、「リン酸アスコルビン酸Na(APS)」と表されていることが多いようです。



・漢方薬でも軽い顔の赤み赤ら顔は軽減できるの?

軽い赤ら顔のケア3


気温差やアルコールに弱い人は、それにより血管が広がり赤ら顔になってしまいます。

このような気温差やアルコールに弱い人には漢方薬での赤ら顔のケアができるようです。


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

温経湯(うんけいとう)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

これらは、血を流れやすく改善する漢方薬として知られていますので、上記のような症状の顔の赤み赤ら顔の方への効果が期待できるでしょう。

ただし、服用する際は、漢方に詳しい医師や薬剤師さんに相談し自分にふさわしい薬を処方してもらうようにしましょう。


ここでは軽い顔の赤み赤ら顔の簡単なケア方法を紹介しました。

なかでも、敏感肌の私がオススメしたいのは、スキンケアの中で化粧水を顔の赤み赤ら顔専用の白漢しろ彩化粧水に変えるだけの赤ら顔ケアです。

詳しくはこちらから・・・


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者