赤ら顔の人に有効な化粧品の選び方


顔の赤み「赤ら顔」に有効な化粧水などの化粧品の選び方とは?

顔の赤みが気になる赤ら顔の方は有効成分や個々のお肌に合った化粧品を選んでください。


化粧水の選び方


赤ら顔は、そもそもの原因や進行度によっては治療が必要な「疾患」といわれています。

たとえば・・・


・ニキビができた

・急激に日焼けをした

・急に寒い場所から温かい場所に移動した

このような状態での顔の赤み赤ら顔は、時間がたてば自然と赤みは治まるはずです。



しかし・・・


・ニキビが治ってるのに赤みが引かない

・単なる日焼けだと思っていたら赤みがずっと消えない

・冬の冷たい冷気にあたってもないのに頬が赤い


このような状態というのは・・・

・毛細血管が異常に拡大している

・炎症がいつまでも続いている

・色素が皮膚の深部まで沈着してしまっている

このような可能性もありますので、医療機関で治療すべき症状であることが多いようです。


また、40代や50代からの中高年に発症しやすい「酒さ」や生まれつきのものが多い「血管腫」などになると、生活習慣を改善しても治らないようですので、やはり医療機関での治療も検討した方がよいようです。


その他にも見られる顔の赤み「赤ら顔」の症状として・・・

皮膚の表面(角質層)が薄くなって、真皮層という皮膚の下層部の毛細血管が透けて見えていたり、毛細血管の拡張が続くことで起こっているようです。

また、一見、すぐに治っているようでも、少しの刺激でまた顔が赤くなってしまうという場合は、生活習慣に問題がある可能性が高いようです。

日常のスキンケア、特に化粧水や食生活、運動、睡眠などを見直すことでも、顔の赤みが改善していくことが可能になってきます。



では、顔の赤み「赤ら顔」の症状がある場合には、どのような化粧品・化粧水などを選べばいいのでしょう?



肌の赤みによい化粧品・化粧水のコツとは?

赤みとともに肌が熱をもっているようであれば、炎症が治まっていない証拠になります。

可能な状態なら化粧は控え、炎症の抑制を助ける化粧品・化粧水でパックもよいでしょう。

皮膚が薄い敏感肌の私は、少しでも日光に当たった場合は、化粧水でパックをして日焼けによる炎症を抑えるようにしています。


そんな、皮膚の炎症を抑えるのに効果的なものは、「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水が効果的のようです。

ビタミンC誘導体とは、抗酸化作用のあるビタミンCを肌に浸透させやすくした成分のことです。


パッケージ・外箱などに「リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)」や、「リン酸アスコルビン酸Na(APS)」などと表記されているものが、ビタミンC誘導体にあたるようです。

クリームなどにも配合されていますが、化粧水に配合されているもののほうが肌への吸収はよいようです。


炎症が治まっている肌には、ビタミンKが配合されている化粧品がオススメです。

ビタミンKは、血管を詰らせている“栓”をとりのぞき、血液の流れをスムーズにさせる役割があると言われています。

血液がスムーズに流れれば血管が広がりにくくなりますので、顔の赤み赤ら顔の改善にはとても期待できます。


赤ら顔や酒さには化粧水などさまざまな種類の化粧品に配合されているので、いくつか使った後、自分に合ったものを見つけてみては。



赤ら顔対策!化粧品


自分の肌にあった化粧水・化粧品を選ぶことが最も重要に!

そして、最も大切なのは、「○○によい成分」と書かれた文字を鵜呑みしないこと。

その他の配合成分や肌質によっては合わない場合もありえますので。

自分の肌と常に“対話”し、自分に合った化粧水・化粧品を探しましょう。

また、一般によいと言われる成分でも、自分の肌に効果がなければ意味はありませんよね。

顔の赤み赤ら顔や酒さによいとされている成分を参考にしながら、しっかりと効果が実感できるものを探してみませんか?



以上、顔の赤み赤ら顔や酒さの人に有効な化粧品の選び方でした!

私のオススメは顔の赤み赤ら顔専用の化粧水、白漢しろ彩化粧水です。

化粧水なのに「とろっ」としているので、コットンでの化粧水パックにも最適ですよ♪



しつこい赤ら顔を化粧水で簡単ケアしたいならこちらをクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://b-shiki.jp/shirosai/




顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者