温度変化でも赤ら顔になる原因は?

顔の赤み赤ら顔の原因・・・気温や体質でも赤ら顔になってしまう


・温度変化で顔の赤みや赤ら顔になる原因とは?


なぜ温度変化で顔が赤くなってしまうの?


温度変化で赤ら顔1


寒暖の差が激しいことでも赤くなってしまう


・外気の寒さが厳しい地域に住んでいる

・室内外を頻繁に行き来する


赤ら顔や顔の赤みが気にならない人にはたったこれだけで?

と思うでしょうが、このような寒暖の差などの温度変化に毛細血管が付いていけなくなることがあります。

毛細血管の拡張と収縮を短時間で何度も繰り返すうちに、徐々に収縮する力が弱くなって、拡張しっぱなしになってしまうのが顔の赤み、赤ら顔の原因になります。



北部地方では子どものほっぺたがリンゴのように赤くなることがありますが、これは寒暖の差による温度変化で毛細血管拡張症になり顔が赤くなる赤ら顔といえそうです。



ほっぺを含む皮膚、表皮の下には毛細血管がぎっしりとつまっています。

この毛細血管の役目は栄養、酸素を細部まで届ける役目と、二酸化炭素や老廃物を排出するための役割に加えて、外部からの温度変化に対応する体温調節にも役立っています。


私達の体は皮膚、表皮の下にある毛細血管によって体温は一定に保たれており、暑いと感じることで毛細血管の拡張が行われ、血流を良くすることで熱を放出して体温を下げたりします。

逆に寒いと感じると毛細血管の収縮が行われ血流を低下させて体温の低下を防ぐわけです。


冬に多いほっぺの赤み赤ら顔とは?

冬は外気によって熱を閉じ込めるために血管の収縮が行われています。

しかし、寒い外気と暖かい外気に触れることで温度差が生じ、毛細血管は熱を放出しようと拡張します。

この拡張した血管が皮膚上に見られたとき、ほっぺの赤み、赤ら顔となって現れるのです。


ほっぺがある顔は毛細血管が多くありますのが、それに加えて皮膚の厚みは薄めのかたが多く、皮膚上に毛細血管が見えてしまう方もいます。


このような状態でほっぺの毛細血管の伸縮・拡張が行われることがほっぺの赤み赤ら顔の原因となってしまうのです。


このように温度変化でも赤くなってしまう敏感肌の方に赤ら顔の軽減が期待できる化粧水があるんです。

敏感肌でも安心!赤ら顔専用の化粧水・・・白漢しろ彩化粧水で温度変化による赤ら顔に負けないもちもち肌にしませんか?

顔の赤み赤ら顔専用化粧水「白漢しろ彩化粧水」詳しくはこちらから・・・



顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者