紫外線による赤ら顔は肌老化のはじまり?加齢によるダメージ


〜紫外線による赤ら顔は肌老化のはじまり?加齢によるダメージ〜


紫外線による赤ら顔は肌老化のはじまり?加齢によるダメージ


日光に当たった後に痒みを感じた経験がある人は多いと思いますが、

これは皮膚やけどの手前の症状です。

肌トラブルの原因の約8割が紫外線による光老化と言われています。

なかなか治らない赤ら顔は、日光による日焼けが 原因となっていることが多く、

年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーは遅れるため、

顔の日焼けは極力さけるようにしたいものです。




春に多い光線過敏症(日光アレルギー)とは?




春に多い光線過敏症(日光アレルギー)とは?

冬の間は直射日光にあたる機会が少なく、

皮膚の日光に対する抵抗力が弱まっています。

そのため、急に紫外線が強くなる春先になると、

肌がうまく対応できなくなり、

かぶれたり、赤くなることがあります。

このような症状を光線過敏症(日光アレルギー)と言いますが、

これも赤ら顔の原因のひとつとなってしまいます。

加齢とともに皮膚は薄くなり、

日光によるダメージを受けやすく、

肌トラブルが生じやすくなります。





光線過敏症の原因




光線過敏症の原因


内服薬や外用薬、化粧品など、

いつも用いているものや普段食べている食品が引き金となって、

光線過敏症は起こります。

光過敏症で起こるかゆみや発疹、

ほてりなどの症状をくり返すうちに、

皮膚の結合繊維や弾力線維が乱れてしまい、

初夏から夏にかけてかく汗により、

さらに肌トラブルを起こしやすくなります。

春は紫外線が急に強くなるだけでなく花粉や大気汚染も多くなり、

光線過敏症が発生しやすくなります。





加齢による肌のダメージは実は2割




加齢による肌のダメージは実は2割


日光にあたる顔や手の甲にシミやシワができやすいように、

肌トラブルのほとんどは紫外線の影響といえます。

肌は紫外線を浴びることによって活性酸素が増えますが、

その影響で顔などの毛細血管が拡張して赤く見えてしまいます。

年齢を重ねても、日光が当たらない太ももやお尻が赤くならないのは、

紫外線を浴びていないからです。

毎日、顔に紫外線を浴びながら仕事をしている人は、

年齢に関係なく肌の老化は進んでおり、赤ら顔気味です。

しかし、通常の赤ら顔は、あきらめないで紫外線対策をおこなうと、

ある程度は改善できます。

なるべく紫外線のきつい10時から15時くらいの時間帯の外出を控え、

出かける場合はUVクリームだけでなく日傘やサングラス、

帽子などで紫外線対策をするようにしましょう。




紫外線による赤ら顔は肌老化のはじまり?まとめ




紫外線による赤ら顔は肌老化のはじまり?まとめ

頬にできるシミの多くが「老人性色素斑」ですが、

このシミは「日光性黒子」とも呼ばれ、紫外線の影響で、

できてしまいます。

また、誰にでも起こりうる光線過敏症(日光アレルギー)ですが、

加齢によって薄くなった皮膚が紫外線を浴びると、

回復力が遅いため、膚の老化はどんどん進んでいきます。

赤ら顔などの肌トラブルが気になる人は、

無防備に紫外線にあたらないようにしましょう。



顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者