乾燥肌を悪化させないために


〜乾燥肌を悪化させないために〜


乾燥肌を悪化させないために


季節の変わり目や乾燥した日が続くと、

肌の痒みを感じる人は多いようですが、

そのほとんどが、はっきりとした原因が分からないようです。

かゆいのを我慢することは苦痛なので、

つい掻いてしまいますが、

掻くことでさらに悪化してしまいます。




肌の痒みの原因



肌の痒みの原因


肌の痒みの原因は、花粉、ハウスダスト、大気汚染など

外的なが原因の場合と、

乾燥肌や汗かきなど体質的なことが原因の場合があります。

その他にも、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変など

内臓疾患によって皮膚の痒みが出る場合もあります。

最も多いのが、年齢とともにおきる乾燥肌です。

目元や口元が最も乾燥しやすい部位ですが、

気がついた時点でしっかり保湿ケアをしないと、

赤みや痒みだけでなく、シワやたるみも出やすくなります。

また、夜更かしや不規則な生活が続いたり、

たばこやアルコールの摂りすぎや

インスタント食品やファストフード主体の食事でも、

肌の乾燥を招くと言われています。



・入浴にご注意






入浴は肌に潤いを与えるイメージがしますが、

熱いお湯に長時間つかると肌から油分が奪われ、乾燥しやすくなります。

ゴシゴシ洗わないとお風呂に入った気がしないという人の多くは、

乾燥肌の傾向にあるようです。



肌の痒みの解消方法


肌のかゆみがおこる原因のひとつに、代謝の悪さがあります。

運動習慣のある人は、血管の柔軟性や体温調節機能が高いと言われています。

また、ハイキングや森林浴をおこなうと、

樹木から出るフィトンチッドと呼ばれる化学物質を浴びて、

交感神経が優位になり、免疫力が上がることが分かっています。

肌の痒みの解消法としては遠回りとも言えますが、

肌トラブルの根本的な解決法は、

副作用のない方法で、かゆみの出ない健康的な肌を作ることです。


保湿剤について


保湿剤について


肌の痒みをくり返すようなら、

保湿剤があっていないからかも知れません。

保湿剤の製品に含まれる防腐剤などの保存剤が、

肌を刺激している可能性もあります。

通常、肌に害がない保湿成分も、

肌のコンディションが悪い場合は、

トラブルを起こすことがあるので、

保湿剤の効果が得られないなら皮膚科を受診しましょう。

おもな保湿剤の成分は、

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・ビタミンC

・尿素

・ワセリン

などですが、体調や体質によって保湿剤を塗ることで肌が刺激されて痒みが増すこともあります。



まとめ


乾燥肌まとめ


肌の痒みの応急処置としては、

かゆい部位を冷たいタオルなどで冷やすことです。

保湿剤で手当てをしても、かゆみが何度もくり返すようなら、

内臓疾患の疑いもあるため、専門の医療機関を受診しましょう。
 

顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ


FX業者