男性用と女性用の化粧水の違いは

〜男性用と女性用の化粧水の違いは〜


男性用と女性用の化粧水の違いは


今までは化粧水や乳液などは

女性用がメインでしたが、

男性用の化粧水もずい分多く販売されるようになりました。

男性用も女性用も基本的な成分はあまり変わらないので、

男性が女性用の化粧品を使っても何の問題もありません。

ただ、一般的に男性の方が皮脂の分泌が多いため、

収れん作用がある化粧水が 
                            
向いているようです。



男性用化粧水の特徴と化粧水の選び方




男性用化粧水の特徴と化粧水の選び方


ホルモンの関係で男性のほうが女性より脂性肌であるため、

オイリースキン対策に重点をおいたスッキリ感のあるものが多いようです。

しかし、男性の肌は意外と水分量が少ないため、

保湿力のある化粧水を選ぶことも大切です。

男性の化粧水は、シェービング後に用いることが多く、

爽快感を第一に考えてしまいますが、

シェービングで肌の角質層をかなり削ってしまうので、

保湿成分が必要です。

ドラッグストアには様々な男性用の化粧水が並んでいますが、

メンズの肌質も人によってそれぞれ違うため、

店員さんなどに尋ねて自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。

男性の肌質もオイリータイプとは限らず、

女性と同じように普通肌、乾燥肌、混合肌、脂性肌があります。

メントール配合のスッキリ感優先ではなく、

肌質によってはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、

エラスチンなどの保湿成分がたっぷり入ったものが適していることもあります。




女性用化粧水の特徴と選び方




女性用化粧水の特徴と選び方


男性と女性では、ホルモンの関係から肌質に多少の違いがあり、

化粧水を使う目的も若干違っています。

女性は化粧をするためラインにそって化粧品を使い分けることが多く、

化粧水は主に肌の柔軟性を高めるために用います。

化粧水をつけた後に油分の多い乳液や美容液、

クリームなどをつけるので、

化粧水をつける目的は限られてきるため、

本人のニーズに合ったものを選べば良いわけです。

例えば低刺激のものを望むなら無添加の化粧水を、

美白目的ならビタミンC誘導体配合のものなどを選ぶようにします。


男性と女性では肌の悩みが違う?


男性と女性では肌の悩みが違う?


肌の悩みやトラブルは性別の違いというよりもは肌質の違いからくるようです。

男性用の化粧水も女性用の化粧水も成分に大きな違いはなく、

男性用化粧水を女性が使っても、

女性用の化粧水を男性が使っても問題はありません。

男性でもアレルギー体質などで刺激に弱い人は、

オーガニックなどの肌に負担をかけにくい化粧水を選ぶとよいでしょう。


男性用と女性用の化粧水の違い・まとめ


男性用と女性用の化粧水の違い・まとめ


男性はお化粧をしないので、

1本でお手入れが完了するオールインワン製品が手軽で好まれるようです。

男性が化粧水を選ぶ場合は、若干のしっとり感を保ちながらも、

さっぱり感タイプが多いようですが、

男女のイメージにかかわらず自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者