冷えのぼせが原因の赤ら顔には、徹底的な下半身の保温で対策


○冷えのぼせ由来の赤ら顔は、下半身の保湿で改善!



冷え性が原因の赤ら顔


冷えのぼせが原因の赤ら顔は、徹底的な下半身の保温で対策!

以下、実際に下半身の保湿で対策した方のコメントです。



私は、特に足のつま先などが冷えているのに顔だけ赤くなる、

いわゆる「冷えのぼせ」が原因の赤ら顔になりやすい性質です。

冬などは室内外の温度差で、一瞬で赤ら顔になることがあります。

外を歩いていて温かい室内に入った途端、

顔だけが かあっと火照ってしまい、鏡を見なくても

自分の顔が赤くなっているのが判るくらいの症状が出る時もあります。

そんな時、下半身、特に脚・足・足の指先は冷たくなって冷え冷えです。

赤ら顔の症状が出やすいことを知っているのはごく限られた知人で、

そういう人は特に何も言ったりはしませんが、

それ以外の人に、純粋に心配してくれているとしても

症状を指摘されることが最も不快に思うことです。

恥ずかしいのが最も大きな理由ですが、

小馬鹿にされているように感じるためカンに障るのです。

また、外出先のお店などで温度差の大きい所へ出入りしたりする時に、

そこの従業員さんの視線がものすごく気になってしまいます。

自意識過剰かもしれませんが、実際に視線を感じて

目が合ってしまったことも少なくなく、反射的に視線をそらすこともありました。

こういった感情も、下半身を中心として、脚・足・足の指先は冷たく冷え冷えになりがちです。



冷えのぼせが原因の赤ら顔は、徹底的な下半身の保温で対策を。



私のように下半身の冷えが原因で赤ら顔になる原因は、

身体が冷えて特に下半身が血行不良を起こしていて、

脳に血液を送ることを最優先にするために顔が赤くなるといいます。

私は身体の末端、特に下半身に冷えを集中的に感じる性質のため、

寒くなると下半身から冷えが上ってくる感覚が体感でわかります。


そのために足のつま先の保温は欠かせず、真冬になると厚手のタイツは絶対に着用しています。

その下には五本指ソックスなどを穿くことも忘れません。

これである程度は冷えのぼせが対策できます。

ただし、下半身の締め付け感の弱いものを選ぶようにしています。

これで冷えのぼせが原因の赤ら顔対策になります。

徹底的な下半身の保温で冷えのぼせ対策できます。

足のむくみ防止の着圧タイツなどは個人的に下半身の血行が阻害されてしまう感じがするため、避けるようにしています。

また、スカートはできる限り避けるようにしています。

下半身が冷えてしまうからです。


どうしても着用しなければならない場合は、

タイツの上にお腹周りを広くカバーする腹巻き仕様の下着をつけるなど、

下半身の冷えを身体に取り込まないように心がけています。

冷えのぼせが原因の赤ら顔対策は、徹底的な下半身の保温で。

冷えのぼせは地味に改善を。



温浴で赤ら顔回避

冷えのぼせが原因の赤ら顔に対しては、下半身の保温で対策ができます。

そして、日常的にできる対策は、必ず湯船に浸かることです。

特に下半身をしっかり暖めることが大事です。

これだけでもある程度の冷えのぼせ対策になります。


ぬるめのお湯に半身浴等で長く浸かるようにし、

血行促進のためのバスソルトなどを入れています。

その際に身体、特に下半身、脚のリンパをマッサージして

血液の循環を促すようにしています。

ぬるめのお湯に浸かると長く入っていられるため、

冷え対策+マッサージも行いやすくなります。

マッサージは下半身を重点的に行います。

そしてお風呂から出たら、通気性の良いシルク混などの

靴下をすぐに履くようにしています。

とにかく素足でいることを最小限にすることを意識して冷え対策しています。

また、お風呂に浸からなくても自宅で足湯を意識的に行うと、

下半身の血液の循環が良くなるのがわかります。

これが冷えのぼせの最大の対策ポイントです。





それから水分補給には温かい物を摂るようにしました。

温かい物が摂れなければ常温に近づけてから飲む、

氷は絶対に摂らないなど、身体の内側の保温にも努めました。

意識的に下半身の保温をするようになってから、

外出先での温度差で赤ら顔が出にくくなりました。

実際自分が行っている対策は簡単なことばかりですが、

その当たり前のことを意識するだけで症状の現れ方が違ってきたため、お勧めしたい方法です。

冷えのぼせが原因の赤ら顔は、徹底的な下半身の保温で対策。


冷えのぼせ対策レポートでした。




○下半身を温めて赤ら顔を改善!




こちらも冷えのぼせを下半身の保温で対策したレポートです。


私は以前から顔がすぐに赤くなりやすく、

それもその赤みがなかなか引かないのがコンプレックスでした。

特に冬は最悪で、寒い外からエアコンの効いた温かな室内に入った時に、

すぐに顔が赤くなり、そのままずっと火照っているのです。

赤ら顔で困った話

実際に自分の顔を触るととても熱く、

冷たい手で冷やしても全く戻りませんでした。

お客様と接する仕事をしており、

お客様から「顔が赤いけど大丈夫?」と何度となく言われました。

冬場は赤い顔で対応していたのが恥ずかしく、

トイレに行くたびに冷たい水をかけてみたり、

ファンデーションを重ね塗りしてみたりしました。


また、そのような火照りは温度差だけでなく緊張からも赤くなりやすく、

多くの人の前で話すことがある場面ではカーッと赤くなるのです。

赤い顔を見られるのが恥ずかしく、それによってさらに赤くなり、悪循環に陥っていました。

工夫していたことはファンデーションやイエローのコントロールカラーを使って、

赤みをカバーするようなメイクをしていたことです。


下半身を暖めることで赤ら顔を改善

ですが、赤みが一度出てきてはメイクでは隠しきれなかったので、

根本から赤ら顔を治そうと試みました。

まず、暖かい室内で顔が赤くなることについてですが、

どんなに顔が赤くても指先、特に下半身がひんやりと冷えているのが気になりました。

顔が赤くなって血液が上半身に集中したこととにより、

手先や足先といった末端や下半身が冷えているのが分かりました。

調べてみると、もともと上半身は心臓があることから温度が高く、

下半身に向かって温度が低いそうです。

さらに赤ら顔で顔に血が上っているので、

上半身下半身の温度差が激しくなっているのだと思います。

顔は火が出るように熱いのに、体の末端、特に下半身は氷のような冷たさです。

もともと冷え性でしたが特に何の改善もしていなかったので、

まずは冷え、特に下半身の冷えをとることから始めました。

朝、仕事に行く前に熱いお湯を張った洗面器にくるぶしまで浸かって足湯をしたり、

シルクの靴下やレッグウォーマーを履いたりしました。

毎日の習慣にしていたとき、下半身の冷えがあまり気にならなくなっていき、

ついに暖かい部屋に入っても顔があまり赤くならないようになったのです。

下半身のケアが効果出てきました。

全身の血の巡りをよくすることで、一箇所に集中しないようになることが分かりました。

また、緊張から赤くなってしまうことについては、

冷えのぼせをとることだけでなく、冷えぴたを首の後ろに張ること冷えのぼせが軽くなり、赤くならなくなりました。

首の後ろを冷やすと、不思議と顔が赤くならないことが分かったのです。

大勢の人の前で話したり、人前に立ったりする状況では

今後もこっそりやっていきたいです。

下半身を中心としたケア、足、脚、足の指先、

ふくらはぎ、太ももをしっかり温めていきたいと思います。

しかし、赤ら顔を解決するのに、下半身をケアすると良いとは思わずでした。

顔と下半身、足の指先、最も遠いようで相関は非常に高いのですね!



冷えのぼせが原因の赤ら顔には、徹底的に下半身を保温して対策できます。

しろ彩と冷えのぼせ対策の併用で赤ら顔の改善を!



冷えのぼせ対策レポート集でした。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ

FX業者