乾燥による顔の赤みの種類

乾燥による顔の赤みの種類


乾燥による顔の赤みの種類


一般的に冬になると空気が乾燥しており、

乾燥が刺激になって皮膚トラブルを招きやすくなります。

外気に触れることで肌の乾燥も進み、

ちょっとした摩擦や刺激で過度に赤みや

腫れが出たりと敏感になり易くなります。

手にはハンドクリームをたくさん塗ったり、

手袋をしたりと手足、

体には保護するものがたくさんあることに対して、

顔はほとんど素肌のままで

特に目元は何も対策をせずに放置されることが度々見受けられます。



乾燥による顔の赤みのスキンケアとは?



乾燥による顔の赤みのスキンケアとは?


日頃行う基礎スキンケアの過程で

化粧水で保湿をしっかり行うことをお勧めします。

肌の奥まで水分が届くように少量手に取り、

何度も肌に入れこんであげて、

その後乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

ティッシュやコットンを使用して、

パックをしてあげることもおすすめです。

パックは、長時間やればやるほど肌にいいと考えがちですが

一定の水分が抜けると肌から水分を逆に奪おうとする逆効果が表れるため

パックそのものの乾燥を感じる前にはがすことが重要なポイントになります。



冬の肌の乾燥対策が一年を決める



冬の肌の乾燥対策が一年を決める


冬の間に、保湿に重点を置いた習慣がつけば

年を通して肌に良い手入れの仕方が習慣化します。

冬だけでなく、春は紫外線・花粉が原因の

普段はあまり気にならない乾燥による影響が顕著に出やすくなる時期です。

普段使用している化粧品・アレルギー用のタイプにも、

アレルギー反応が起こったりと、敏感になるため、

なるべく敏感肌用の化粧品を使用するなど

肌に刺激を与えない工夫を行うといいでしょう。



肌荒れや赤みトラブル時は皮膚科へ


肌荒れや赤みトラブル時は皮膚科へ


肌が荒れてしまったり、

何らかのトラブルを抱えた場合、

とりあえず自力でどうにかしようとしたり、

ほっとこうとせず早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科を受診することで

今まで大丈夫だと思っていた思わぬものへのアレルギー反応が分かったり

薬を塗るなどの対策ができたりと素早い対応で長引かない治療を行うことが出来ます。

皮膚疾患が長引くと慢性化しやすくなり、

治りも遅くなるほか

シミや色素沈着といった見た目にも大きな影響が出ることもあります。

なってからでは遅いと思い、早めの受診をするようにしましょう。



季節の変化に合わせた乾燥や赤み対策を


季節の変化に合わせた乾燥や赤み対策を


今年の夏の気象は例年にはない異常性を持ち、

紫外線と極端な気温上昇が目立ちます。

日焼けがさらに気になることとは思いますが、

水分摂取と肌を冷やすことを心がけることが大切なポイントになってきます。

肌の健康は、体調と共にあります。

日本の夏は乾燥による赤みとは無縁かもしれませんが

紫外線の影響が後になって現れることもありますので

念入りな手入れを心がけましょう。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ