赤ら顔、赤みの原因・紅斑とは


〜赤ら顔、赤みの原因・紅斑とは〜


紅斑とは?

紅斑が原因の赤ら顔。


赤ら顔、赤みの原因・紅斑とは


鼻や頬などが赤くなるのは、

生まれつきの遺伝によるものや、

大気汚染、花粉症など原因は様々ですが、

必要以上に肌に負担をかけることも赤ら顔の原因となります。




紅斑とは?




紅斑とは?


紅斑とは、毛細血管が拡張することでおこる顔の赤みのことです。

紫外線、肌の乾燥、ニキビの炎症、化粧品の成分が合わない、

花粉症や大気汚染などによるアレルギーなどが引き金となり、

毛細血管が拡張すると赤みは顔の表皮にまであらわれます。

一過性のもので特に問題がない顔の赤みと、

病的な赤みがありますが、

紅斑の50%は原因不明といわれています。




顔の赤みは皮膚の薄さが原因だった!




顔の赤みは皮膚の薄さが原因だった!


顔には多くの毛細血管がありますが、

季節の変化や温暖の差ですぐに頬や鼻が赤くなる人は、

体質的に敏感肌で皮膚が薄いため、

毛細血管がすぐに透けて見えてしまいます。

生まれつきの体質もありますが、

顔の洗い過ぎや毛穴の汚れを取るための

ピーリングのしすぎなどで血管が透けて顔が赤く見えることもあります。

また、完璧な肌の美しさを目指すあまり、

サロンなどで頻繁にフェイスエステを受けているうちに皮膚が薄くなり、

顔の毛細血管が透けて見えるようになることもあります。




赤ら顔を解消するために日常生活で気をつけたいこと 




赤ら顔を解消するために日常生活で気をつけたいこと

・紅斑対策の食事について

食事面では

・たんぱく質

・糖質

・脂質

・ビタミン

・ミネラル

・食物繊維

などをバランスよく摂るようにしましょう。

また、刺激の強い食べ物や香辛料は、

赤ら顔の原因になることがあるので、

摂りすぎに気をつけましょう。


・紅斑対策の睡眠について

睡眠不足が続くと

ターンオーバー(皮膚の生まれ変わる周期で通常28日)が乱れてしまいます。

少なくとも6時間の睡眠はとりたいものです。


・運動について

運動不足だと腸の働きが悪くなり、

便秘がちになることが多いようですが、

肌トラブルの原因の多くは便秘が関係しています。

筋トレなどの無酸素運動と

ウォーキングなどの有酸素運動を上手に組み合わせて、

運動不足にならないようにしましょう。



・紅斑のスキンケアやメイクオフについて


年齢とともに肌質が変わるので、

自分の肌がオイリースキンかドライスキンかを今一度、

確かめて肌に合ったスキンケアをおこないましょう。

また、メイク落としのお湯の温度が高すぎないか、

ゴシゴシこすって洗っていないかなどもふり返ってみましょう。




赤みの原因・紅斑 まとめ


赤みの原因・紅斑 まとめ


洗顔のし過ぎや化粧品のつけすぎも、

肌にダメージを与えてしまいます。

赤ら顔の予防と改善のためには、

食事や睡眠、運動などの生活習慣を見直すことも大事ですが、

過剰にお手入れをしていないかも見直す必要があります。


しっかりケアして、紅斑対策を。



顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ