赤ら顔、頬の赤みの修正メイク法


赤ら顔や頬の赤みが気になる方!要チェック!

化粧で赤ら顔を隠す体験レポートはこちら


対策の一つ、修正メイク。

気になる赤ら顔や酒さなどの赤みの修正メイク法を紹介します!


赤ら顔や酒さなどの赤みの修正メイク法を紹介

「赤ら顔、酒さなどの顔の赤み修正メイクのコツ!」

赤ら顔や酒さに悩む方の中には、

「メイクはできるだけしないほうがいいのでは?」

などと考えてしまう方もいることでしょうが、真相はいったいどうでしょう?

また、実際にメークをするとするのならと、

赤ら顔はどのようにメークでの肌色修正で隠せばいいのでしょうか?

と悩むところだと思います。


赤ら顔はどのようにメークでの肌色修正


まずは・・・赤ら顔や酒さなどの方は、

できるだけ肌の負担にならないメークを心がけましょう。

また、赤ら顔や酒さにはメークはよくない、

と考えていらっしゃる方もいるとおもいますが、

皮膚が激しく炎症をおこしていない状態ならば、メークには問題ないようですよ。


赤ら顔や酒さは、皮膚が炎症をおこしていたり、

血管が広がってしまうことで皮膚に血液が皮膚の上に

透き出て見えてしまったりしていることが主な原因といわれていますが、

実際のところはメンタルの要因も絡んでいる可能性も十分にあるようです。


女性というのは、美しくなることで、自らに自信

女性というのは、美しくなることで、自らに自信が持てる生き物です。

メークは女性にとって戦場(ここでは仕事や外出程度)に

でる儀式と言っても過言ではないほどだと思います。

それほど女性にとってのメークは重要なものだと思います。

メークができない毎日では、自信を持てずうつむきがちに過ごしてしまうことも。

これではかえってストレスがかかることから、

ますます赤ら顔や酒さになってしまう可能性もあるかもしれません。


しかし、赤ら顔や酒さなどの赤みを隠したい

あまりの濃いメークでは肌に負担をかけてしまうのは

悪化させる原因になってしまいます。


簡単な顔の赤みに有効な肌色修正メークのコツをつかんで、

ベタベタ厚化粧から解放!

赤ら顔や酒さなどの赤みをうまく隠せる

メーク方法を身につけて自分自信を輝かせましょう。


メーク方法を身につけて自分自信を輝かせましょう


注意!

ベタベタ塗りの重ねるメークでは、赤みは隠せません

ただ、白くしたいあまりに明るめのファンデーションを塗っても、

白では赤みは隠せません。

ベタベタと赤みを隠したいからとどんどん重ねて塗ることになり、

肌に相当負担がかかってしまいます。

また、赤み隠しのためにと塗りすぎた顔と首との色が

大きく異なってしまうと、一昔前の結婚式などの白塗りメークになってしまい、

非常に不自然で残念な仕上がりになってしまいます。


赤ら顔メイク法2


では、赤ら顔や酒さなどで赤みが気になるの方におすすめな肌色修正メイクとは?

ベースメークに緑系のものをとりいれてみましょう。



○そもそもベースメークとは?


そもそもベースメークとは?


肌の色をよく見せる効果やシミ・くすみ・くまなども

隠しファンデーションや口紅などのいわゆるノリを良くする土台的な化粧のことです。

ベースメークに、緑なんて意外(゚∀゚)と思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、肌色修正などによく使われている

ベースメークでは多くのメーカーさんから、緑系は出されているんですよ。

実はとても理にかなっているメイクで、

人の肌の見え方というものをうまく活用した方法といえるそうです。

赤に緑を重ねた光というのは、人の目に入ってきたときには、黄色として認識されるようです。

ですので、赤ら顔や酒さなどで赤みの強い色の肌に、

緑に近いメークをかぶせることで、ほどよい人肌に近づくというわけです。


肌色修正にはファンデーション、化粧下地などありますが、

扱いやすいのはコントロールカラーやベースカラーと呼ばれるクリームや液体のものです。

液体のコントロールカラーは使用前によく振ってからご使用くださいね。

コントロールカラーは肌の色の見え方を調整できるように作られているものですので、

上から薄くファンデーションを重ねて塗るメイクで、より自然なメイクに見えます。


赤ら顔メイク法3


赤ら顔や酒さでもナチュラルメイク♪

顔の赤み修正に良いコントロールカラーの選び方と使い方とは?

基本的には、洗顔→化粧水→乳液→化粧下地→コントロールカラー→ファンデーションの順番でつけます。

化粧下地を塗ったほうが、コントロールカラーの色がしっかり出て、

赤みの修正にはいいのですが、最近ではよく売られている

コントロールカラーや同じような役割のベースカラーなどには

化粧下地効果も兼ねているものもありますので、

そのあたりはメーカーに準じてください。


ひとくちに緑系といっても、メーカーごとに細かい色合いも、

成分も違ってきますので、自分の肌色や肌質に合ったものを選ぶことが大事になってきます。

使うときには、面積の大きい赤みの目立つ頬などから中心に、

軽くのせる感じで広げるように塗っていきましょう。

コントロールカラーなどは少量でも赤ら顔や酒さなどの

赤みの肌色修正には十分効果を発揮しますので、塗りすぎには注意しましょう。


赤みの肌色修正には十分効果を発揮


赤みを隠そう、隠そうと意識するあまりに

つい何度も重ね塗りをしてしまうとも思いますが、

仕上げのファンデーションは、コントロールカラーを薄くのばした上から、

スポンジでさっとひとぬり程度かフェイスブラシでもキレイに仕上がりますよ!

部分的に赤みが強い部分は、そこだけコンシーラーを使ってみても。

あくまでも部分的に塗るようにすれば、

顔全体に負担がかかることもなくなると思いますよ。


修正メイクで赤ら顔回避!

幸せな生活を修正メイクで。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ