顔の痒みのスキンケア対処法


〜顔の痒みのスキンケア対処法〜


顔の痒みのスキンケア対処法


お肌のコンディションが悪いと、

気分も落ち込みがちになります。

できれば顔の痒みがおこる前に 何とかしたいものです。

顔の痒みの原因は、肌の乾燥やアレルギーとともに、

ストレスも関与しています。

毎日の生活を振り返って、

ひとつでもふたつでもストレスを取り去るようにしましょう。




顔の痒みを予防するスキンケアの方法


顔の痒みを予防するスキンケアの方法



・かゆみを予防する化粧水と乳液の成分


肌の痒みに有効な化粧水の成分は

・ヒアルロン酸

・エラスチン

・コラーゲン

・グリセリン

が含まれるものを、乳液や美容液。


保湿クリームは、

・セラミド

・水素添加大豆レシチン

・スフィンゴ脂質

などが含まれているものが適しています。


・セラミドの効果


保湿成分として重要なセラミドは、

角質同士をつなぎ合わせる役目をしています。

もともと人の体の中にあるセラミドは、

加齢によって減少するため、

年齢とともに乾燥肌になってしまいます。

そのため、セラミドを含む乳液や美容液、

クリームを用いてスキンケアをすることで、

保湿成分が肌の奥まで浸透し、

乾燥を防いで顔の痒みや炎症をおさえてくれます。



・化粧水と乳液の使用量について


洗顔や入浴後は乾燥しやすいので、

素早くお手入れをおこないましょう。

使用量の目安としては、

化粧水は500円玉くらい、

乳液が10円玉くらいです。

まずは、乾燥を防ぐために皮膚の外側の角質層に水分を補給することが大事です。

次に、自分にあった乳液などの保湿剤を、手のひらで優しくハンドプレスします。

スキンケアを根気よく続けると、

肌表面の角質層だけでなく肌の奥の基底層まで成分が浸透してバリア機能が整います。




顔が痒くなる原因は?



顔が痒くなる原因は?


肌が痒くなる原因で最も多いのが乾燥です。

健康な肌とは、角質層に常に30%の水分が含まれている肌ですが、

それ以下になると乾燥肌となり、皮膚に痒みが出てきます。

人の体にはもともと保湿成分があるので、

空気中の湿度が少なくなって乾燥状態が続いても異常が出ないものなのですが、

保湿成分を作る機能が低下すると、肌は乾燥してしまいます。

肌が痒くなるその他の原因は、

紫外線によるもの、季節の変わり目の寒暖の差、花粉や大気汚染、

自律神経の乱れなど様々ですが、肌トラブルがストレスになり、より重症化することもあります。


・顔ダニ、顔カビについて

自分の顔にダニが住みついていたり、

顔にカビが生えているなど信じがたいことですが、

顔ダニは毛穴の中の皮脂を食べてくれる役目をしています。

また顔カビに含まれるマラセチア菌は肌を弱酸性に保つ働きをしています。

どちらも適度に肌に存在することは望ましいことなのですが

、過剰に繁殖すると肌トラブルの原因となってしまいます。


顔の痒みのスキンケア対処法まとめ


顔の痒みのスキンケア対処法まとめ


顔のかゆみや肌荒れの原因は様々ですが、

毎日肌のことで悩むと、ストレスがストレスを呼び、

うつ状態になりかねません。

気持ちを切り替えて、何か熱中できることを見つけると、

案外早く顔の痒みなどのトラブルから脱出できるかも知れません。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ