化粧水の効果的な使用方法と使用量


〜化粧水の効果的な使用方法と使用量〜


化粧水の効果的な使用方法と使用量


化粧水に多大な期待をしてたっぷり使っても、

保湿効果は美容液やクリームには負けてしまいます。

しかし、化粧水をつけることでアルカリ性に傾いた肌を弱酸性にすることができます。



化粧水の効果的な用い方




化粧水の効果的な用い方


化粧水は洗顔後、水分をふき取ってから500円玉くらいを清潔な手に取り、

顔の中心から外側に向かってのばしていきます。

時々、化粧水をパンパンと叩きこむ人もいますが、

肌に刺激を与える使い方は、ダメージを与えてしまうので控えましょう。

化粧水は洗顔後、5分以内に手のひらで優しくおさえて、つけましょう。



化粧水の種類




化粧水の種類


化粧水は、保湿目的だけでなく様々な役目があります。


・ふき取り化粧水


洗顔やクレンジングクリームで落としきれなかった汚れを取るための化粧水ですが、

肌質によっては、乾燥肌の原因になることもあります。

・収れん化粧水

引き締め化粧水とも呼ばれ、毛穴を引き締める役目をします。

皮脂の分泌の多い人に向いていますが、

乾燥気味の肌の人には不向きかもしれません。

・ニキビ用化粧水

抗酸化作用のある成分が含まれているため、

肌刺激が強いので、パッチテストをしてから用いるようにしましょう。

・アルカリ性化粧水

肌は弱酸性なので、一般的には化粧水は弱酸性なのですが、

肌のターンオーバーが遅れ気味で肌にクスミやごわつきを感じる場合には

アルカリ性の化粧水が適しています。



美白化粧水について




美白化粧水について


肌の保湿を目的とした化粧水は一般的ですが、

美白を目的とした化粧水を「美白化粧水」と呼びます。

美白化粧水に含まれる成分としてよく知られているのがビタミンC誘導体ですが、

ビタミンC誘導体は、

クリームよりも化粧水に配合して使う方が効率よく肌に吸収されます。

その他にも美白化粧水に含まれる成分としては、

アルブチン、ハイドロキノン、トラネキサム酸、カモミラETなどがあります。

「美白」と名がつく化粧品は、医薬部外品の化粧品で、

厚生省から薬用化粧品の指定がされています。

また、ハイドロキノンやトラネキサム酸などの入った美白化粧水は、

ドラッグストアなどでは販売されていないことが多く、

ネット上やクリニックなどで入手することができます。



まとめ


化粧水の効果的な使用方法まとめ


化粧水を選ぶときは、

目的によって収れん化粧水や美白化粧水などの種類を使い分けることで効率よく効果が得られます。

また、化粧水は使えば使うほどよいといったものではありません。

適量を、タイミングよく用いて、スキンケアをおこなうようにしましょう。


化粧水の効果的な使用方法。

効果的な使用方法でしっかりお肌をケア。

顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ