赤ら顔を市販の薬で改善した体験レポート


酒さと湿疹の改善。赤ら顔を市販の薬で改善。



市販の薬を傲ることなかれ!

赤ら顔対策を、市販の薬で。


赤ら顔は市販薬でも改善できます


赤ら顔を市販の薬で改善した体験レポート。

私の知り合いで酒さと湿疹で悩んでいた人はいましたが、

市販の薬、ピンクのチューブの「ヒルドイドソフト軟膏」を

1日2、3回顔に塗ることで改善が見られました。


この市販の薬、ヒルドイドソフト軟膏は皮膚科に言えば、

処方してもらえる一般的なものです。

もともと乾燥肌などに効くものみたいですが、

1か月定期に塗ることで症状が良くなりました。


※ただ、話しによるとヒルドイドソフト軟膏では

改善されたの湿疹だけで赤みはあまり消えなかったそうです。

また、市販の化粧水や乳液など今までのものはやめて、

豆乳系の自然に近いものの化粧水を使うようになりました。

あとは、食べ物も和食系のさっぱりしたものに切り替えておりました。

酒さは一般的にストレス、気温差の多いところに肌をさらす、

もしくは紫外線が原因とのことなので、肌に刺激を与えない(精神的にも物理的にも)、

日焼けはさける、皮膚化に定期的にかよう。

これにつきると思います。もうご存じと思いますが・・・。

一応知人はこれで改善には向かっています。あと睡眠不足も厳禁とのことです。

あと、余談ですがお風呂などに入って顔のマッサージなどもしたみたいですが。

それで、顔が痒くて夜掻いてしまったのでもしかしたら逆効果だったかもしれません。


赤ら顔を市販の薬ヒルドイドソフト軟膏の体験レポートでした!




赤ら顔、刺激無くして改善出来た!



「赤ら顔を市販の薬で改善した体験レポート」につづいて、刺激に着目したレポート。

赤ら顔は市販の薬で改善しよう

私は元々赤ら顔ではなく、高校生ぐらいから化粧をし出して

この時期から割りとあつめに塗っていたせいか、肌に刺激がかかり赤ら顔になってしまいました。

高校生の時は気にして無かったけど成人なりだしてから気にし出して来ました。

ファンデーションは光沢のある物を選び艶を出して、

粉白粉はラメ入りの白色タイプの物をつけていました。

チークはピンクの濃いのをつけて、赤ら顔に目線がいかないようにしていました。

化粧落とした時の差が大きくてショックもありました。





若い時は塗って隠すしかし頭に無かったけど、

歳を取ると余り塗りたくるのも違和感があります。

赤ら顔ってくすんで見えたり、肌が黒っぽく見えたりします。

私の場合刺激などで赤み出してきたので、

刺激のあるコスメ、化粧水などを少し控え目にしようと思い、

化粧水もアルコール成分が入って無い物や、

ファンデーションは付けず白粉のみするなど使うコスメの量も減らしてみました。

しばらく続けて見ると極端に多きな変化が出た訳ではないですが、体感はありました。

昔に比べと塗る量も減っているのでクレンジングの負担も減ります。

今ではだいぶ赤みも引き、普段のメイクは日焼け止めだけで大丈夫になりました。

市販の薬も選択肢の1つですが、普段の心がけでも軽減は可能です。





「酒さと湿疹の改善。赤ら顔を市販の薬で改善」

「赤ら顔、刺激無くして改善出来た」

「市販の薬で対応。市販の薬でも軽減は可能」

市販の薬も選択肢の1つとしてケアしていきましょう。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ