ニキビの後の赤ら顔を軽減した方法


ニキビの後の赤ら顔についてです。

ニキビに中学生からなって現在33歳になります。

ニキビで赤ら顔に

その間トラブルなしの状態は一日もなく、吹き出と共に成長してきた感じです。

30歳までは、そのトラブルを治そう治そうと躍起になり、

化粧品、エステ、皮膚科のピーリング、薬、サプリメントとあらゆる事を全部試しました。

あらゆる事をした結果、肌が超敏感肌に…

もちろん、顔はニキビあとの赤ら顔。

そして終いには、脂漏性皮膚炎になってしまいました。

30歳になった時に出産したので、赤ら顔のまま恥ずかしながら出産。

妊婦時期には女性ホルモンの関係で肌が綺麗になるという噂も私には都市伝説で…。

ニキビトラブルのない肌になりたい気持ちはずっとあり30歳になってからある本に出会いました。



すっぴんで赤ら顔改善!

肌本来の力を引き出すために何もつけないとのこと。

化粧水もクリームも何もです。

洗顔はお湯洗顔。

化粧も眉具とかリップの部分メイクだけ。

簡単ニキビ対策!

今まであらゆる事をして全く効果がなかったから

今度は逆に何もしないというのはいいかもしれないと思い試した結果、

現在33歳になり大正解でした!


まず何より楽チン。

育児しながらだから湯洗顔でニキビの赤ら顔に何もしないのは、精神的にかなり余裕ができます。

そして、今まで肌が痛くて痒かったのが、肌に厚みがでてきて痛くない!

もちろん元が酷すぎてるので美肌になったといえば全然違いますが、

少しずつ前よりはニキビ跡がよくなっている感じです。

やはり脂漏性皮膚炎もちなので痒みは今も時々あります。

そして外出時のメイクですが私は液体の日焼け止めも

炎症を起こしてしまうので塗れずに最初は本当にスッピンで

外出していましたがさすがに赤ら顔が恥ずかしく、

肌にやさしい透明なルースパウダーをつけてから部分メイク、

チークを赤みをうまく強調して可愛く見せるように工夫してつけ、

リップを塗ったらナチュナルメイクで綺麗に見えました。


ルースパウダーがうまく馴染んでくれたのがニキビの赤ら顔によかったみたいです。

ルースパウダーなので、お湯洗顔で全然とれますし、

部分メイクはワセリンで最初にコットンを使い拭き取っておけばきれいに落ちてくれます。

そしたら、もともと脂性のせいもあるからか

大学生と間違えられるようになったり若いと言われる事が増えたんです!

もちろん「肌綺麗だね」と言われる事は全くありませんが(笑)





今思うと私の肌は脂性なのに弱くて何をつけても

荒れてしまう肌質みたいで出来るだけ何もつけないのが1番肌にいいみたいです。

簡単ニキビ対策で赤ら顔回避です。

今まで化粧品代や治療費に給料の全てを投資してきましが、

今はお金も全くかからず、手間も楽で、

メイクもナチュナルで前よりは綺麗に見えるみたいですよ!

スキンケアや美容は情報も氾濫しているし何が正解かわからないけど、

探せばきっと自分にベストなニキビの後の赤ら顔対策があると思います。

長年悩んだニキビの後の赤ら顔対策。


以上、ニキビの後の赤ら顔体験についてでした。


顔の赤みケア化粧水!酒さや毛細血管の赤ら顔化粧水を使用した結果! トップページ